忍者ブログ
プロフィール
メニュー
最新コメント
最新トラックバック
44  43  42  41  40  39  38  36  35  29  34 
 世の中に、標準やガイドラインの類は、数多くあります。IT関係でも、昔からシステム開発方法論というのがありましたし、共通フレームやモデル契約書なども、その範疇に入るでしょう。

 これらの「出来」そのものは、それぞれでしょうし、人により考え方により、評価も異なることでしょう。しかし、これらの全てに共通する、最大の欠点があります。それは、大部に過ぎることです。
 これはある意味、避けがたいことではあります。標準やガイドラインを謳って世に出す以上、最大規模のプロジェクトで利用される可能性がありますから、あれもこれもと詰め込みます。プロジェクトの性質も多岐にわたりますから、最大公約数的に論点を取り込もうとします。学術的(?)にも、せっかく考察した論点を切り捨てるのは、忍びないことでしょう。何より、ガイドラインには、網羅性の要求があります。項目を落とせば、「欠けている」、「不完全」との批判を受けかねません。
 しかし、実務では、大部過ぎるガイドラインは、かえって役に立ちません。不可欠の5項目、10項目をどうしようかと躍起になっているところで、300項目のガイドラインがあっても、使いこなせません。これは特に、中小のプロジェクトあるいは企業という、最も手助けが必要なところでの偽らざる実感でしょう。さりとて、あえて絞り込んだガイドラインを世に問うのも、かなり勇気が要りそうですが...

拍手[0回]

PR
author : ITS 

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin