忍者ブログ
プロフィール
メニュー
最新コメント
最新トラックバック
24  23  21  20  19  17  16  15  14  13  12 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : ITS 
 情報システムは、その企業固有のカスタムメイドのものですから、開発をベンダに委託したとしても、ユーザは必要な情報提供などの協力義務を負います。のみならず、ユーザは、当該システム(あるいは開発プロジェクト)のオーナーとして、ベンダの業務について、厳しく目を光らせる必要があります。

 確かに、ベンダはシステムを完成させるための専門家責任であるプロジェクトマネジメント義務を負います。これは、開発経験のないユーザが協力義務を怠っているような場合に、適宜これを指導してシステム完成への障害を取り除くことまで含む、重い義務です。したがって、少なくとも法的には、ベンダがまずいプロジェクト遂行をしている場合に、ユーザにはこれを是正する義務はありません。
 しかし、これは、実際にプロジェクトが失敗してしまった場合の事後的な責任配分の問題だと認識すべきです。プロジェクト遂行中に、ユーザが主体的な立場を失うと、開発に失敗した後で「損害賠償」は取れるかもしれませんが、開発に成功して「望むシステム」を手に入れることはできません。裁判で取れる損害賠償と、望むシステムを運用して得られる利益は、下手をすれば一桁違います。損害が莫大であるばかりでなく、事後処理を含めて数年から十年近くが費やされ、事業展開自体に深刻な影響が及んだ事例も稀ではありません。
 ひとたびシステム開発を決断したなら、相当の経営資源を投入する覚悟がなければならないはずであるのに、安易に考えている例があまりにも多いことに、驚かされます。

拍手[0回]

PR
author : ITS 

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin